30代の肌荒れをケアするのに最適な化粧品とは?

30代の肌荒れケアにぴったりの化粧品選び
ストレスによる炎症を抑えてくれるもの
30代は仕事や育児でとても忙しく、ストレスもたまりやすい年代です。ストレスは肌に炎症を引き起こす原因になりますから、肌荒れしやすい状態に陥ってしまいます。ですから、素早く炎症を抑えて肌荒れしやすい肌状態を回避する必要があるため、抗炎症成分が配合されているものを選びましょう。
低下した肌バリアを強化してくれるもの
20代の時は肌が元気だったのに、30代になって肌荒れしやすくなったのは、肌バリアが低下している証拠です。肌バリアは年齢とともにだんだん弱っていくので、低下したと感じたら補うケアが必要となります。肌バリアを強化するセラミドが配合されたものを選ぶことで、しっかりとケアすることができます。
皮膚科医がモニターテストに立ち会っているもの
肌荒れしているときは化粧品が刺激となってしまうことがあります。無添加のものを選んだとしても天然成分が肌に刺激となることもあります。ですから、一番良いのはモニターテストに皮膚科医が立ち会い、肌に負担とならないということがプロの目を通してしっかりと確認されているものを選ぶべきです。